ビスパなブログ

※全国送料280円~。4000円以上送料無料

最新J-FET入力オペアンプ「OPA1656」の紹介記事になります。

2020年04月20日(月) 20時37分
発売以来、ご好評いただいております「OPA1656ID」の紹介です。

「Burr-Brownブランド」を引き継ぐ、最新オペアンプです。

オーディオ用に広く知られている民生用オペアンプとして有名なのが「OPA2134PA(量産製造縮小扱)」や「OPA2604AP(生産中止品)」が挙げられます。
昨今の民生用オペアンプは「汎用性が高く、廉価でより高性能」な品種が求められる中、Ti社より満を持して登場したオペアンプが「OPA1656ID」になります。

現代に合わせた最新仕様。

OPA1656ID」 は、信号の忠実性を維持することが非常に重要なオーディオおよび産業用アプリケーションに特化して設計された、J-FET入力「Burr-Brownブランド」オペアンプです。

幅広い帯域に渡り、低ノイズ性を実現し高出力電流供給が可能。さらに、出力RtoRという特性を併せ持ち、オーディオ用途に限らず幅広い民生用途で使用できる性能を誇ります。産業用途全般にも使用できる十分なスペックと抜群のコストパフォーマンスを誇る、こちらのオペアンプは当社でも非常に人気の高いオペアンプの一つとなっています。

性能の比較。

下記に「OPA1656ID」を含む3種類のオペアンプの比較表を作ってみました。
(尚、それぞれの表記に各オペアンプの数値を合わせて記入している場合がありますので、Web商品ページの表記と異なる場合があります。)

<J-FET入力オペアンプの違い>
品番OPA1656
(Burr-Brown)
OPA2134
(Burr-Brown)
OPA2604
(Burr-Brown)
定格電圧±2.25から18V±2.5から18V(※)±4.5から24V(※)
ND(f=1KHz)4.3nV/√Hz8.0nV/√Hz11.0nV/√Hz
Vos1mV1mV1mV
GBW(Typ)53MHz8MHz20MHz
SR(Typ)24V/us±20V/us25V/us
Isc±100mA±35mA±40mA
Iq3.9mA4mA10.5mA
1回路版NoneOPA134OPA604
RtoROUTPUTNoneNone
パッケージSO-8PINのみDIP-8PIN
So-8PIN
DIP-8PIN
So-8PIN
※:単電源動作非対応

最後に。

当社では、DIP用のICソケット等にて使用できる「SOIC8PIN-DIP8PIN変換基板実装サービス」も有償にて行っていますので、ご購入をご検討の際に活用して頂ければと思います。